パラレルリンク方式 力覚フィードバック装置
Delta .3






ForceDimension社の力覚フィードバック装置はパラレルリンク方式採用に
より、優れた合成と位置精度を実現、微妙な力覚の表現、確かな反力応答が
求められる遠隔操作やマイクロマニピュレーションといった用途に最適な
システム構成を可能にします。


特長

力覚フィードバック装置 Delta .3 は軽量アルミフレームと基部に固定されたアクチュエータによるパラレル
リンク機構アーキテクチャを特徴とし、慣性を最小限に抑えた滑らかな動きと、強固な剛性と耐久力を実現
しています。φ400mmの大きなワークスペース、20Nの連続提示反力、14.5Nの高い剛性、パラレルリンク
構造による小さな慣性が自然な動きをもたらし、電磁気ブレーキを備えた、高品質な力覚表現を提供します。

エンドエフェクタはスプリングフックで容易に着脱することができ、特殊な操作器具の取り付け使用も簡単です。

またハードウェアの堅牢性や、Windows、Linux、Macにも対応する付属のローレベルのDHD-APIは、使用環境
や開発条件をより広範なものにします。


仕様

 力覚提示自由度 3 (x、y、z)
 位置検出自由度 3 (x、y、z)
 力覚提示空間 ∅400 × 260 mm
 最大提示反力 20.0 N
 剛性(クローズドループ) 14.5 N.mm
 位置分解能 0.02 mm
 リフレッシュレート < 4 KHz
 プログラマブルボタン 1