加速度計/ジャイロスコープ/磁気 複合センサー
Trivisio Colibri

Trivisio Colibriは独Trivisio Prototyping GmbH 社製の磁気加速度センサーです。
加速度/角度/磁場を計測するための最先端3軸センサーが内蔵されており、内蔵の温度
センサーは、他のセンサーに対する温度による影響を軽減します。
Trivisio Colibriは、センサーの生データ及びキャリブレーションされた浮動小数点
データの両方を出力できます。どのセンサーからのデータも有効/無効にすることができ、
速度を10~100 Hzまで変更することが出来ます。
提供されているWindows及びLinux用APIを使用することにより、Euler anglesまたは
quaternionの形で、方角のデータを取得できます。

・ 温度センサー内蔵
・ 低消費電力、超軽量
・ 3軸MEMS加速度計
・ 3軸MEMSジャイロスコープ
・ 3軸インダクタンスセンサー
・ USBインターフェイス(バーチャル COMポート)
・ マシン及びヒューマンフレンドリーインターフェイス
・ 位置トラッキング用拡大Kalmanフィルターを適用したWindows及びLinux用API
・ 堅牢、防水、高精度なアルミ筐体を採用


仕様

  加速度計  スケール ±16g / 分解能 13 bit
  ジャイロスコープ  スケール ±1500°/s / 分解能 13 bit
  磁気センサー  スケール ±1000μT / 分解能 0.0263μT (10 Hz) ~ 0.842μT (250 Hz)
  温度センサー  精度 ±0.5℃ / 0 ~ 70℃の範囲
  動作速度  100 Hz
  位置精度  Pitch/Roll:0.5 °、 Yaw:1 °
  消費電力  USBから5V、 40mA
  PC接続  2メートルUSBケーブル(最長5mまで可能)
  寸法  30 x 30 x 13 mm
  重量  22 g (ケーブル部分を除く)