USB / RS232 / TTLおよびCAN接続
9軸慣性測定ユニット
LPMS-U2

LPMS-CU2 LPMS-URS2 LPMS-UTTL2


LPMS-U2センサーシリーズは、USB、RS232、TTL、CAN-Busなどのさまざまな通信インターフェース
を備えた一連の小型9軸IMU(慣性測定ユニット)/姿勢および方位基準システム(AHRS)です。
このシリーズのユニットは非常に用途が広く、正確で高速な方向と相対変位の測定を実行します。

3つの異なるMEMSセンサー(3軸ジャイロスコープ、3軸加速度計、3軸磁力計)を使用することにより
3軸すべての周りの低ドリフトの高速方位データが実現されます。さらに、温度と気圧により、正確な高度
測定が可能になります。LPMS-U2シリーズは、USB、RS232、TTL、またはCANバス接続のいずれかを
介してホストシステムと通信できます。センサーの構成に応じて、最大400Hzのデータ転送速度に到達
できます。

このシリーズは、サイズとコストに敏感なアプリケーションの機械と人間の両方の動きの測定に適合します。すべてのセンサーには、オンボードですべての計算をリアルタイムで実行できる32ビットのデジタルシグナルプロセッサが内蔵されています。

LPMS-CU2センサーはCANバスインターフェースにより、より大きなCANバスインフラストラクチャに接続できます。センサーは、最小限のCANopen実装と、カスタマイズ可能なシーケンシャルCANメッセージ形式をサポートします。

すべてのセンサーのパラメーター設定は、LPMS-Controlソフトウェアを使用して自由に構成できます。



仕様

LPMS-CU2 LPMS-URS2 LPMS-UTTL2
通信インターフェイス CANバス、USB 2.0 RS232、USB 2.0 TTL、USB 2.0
通信プロトコル LpCAN / CANOpen LPBUS LPBUS
サイズ 34 x 34.5 x 15.7 mm
重量 17.6g
計測範囲 Roll: ±180°   Pitch: ±90°   Yaw: ±180°
分解能 < 0.01°
精度 < 0. 5° (静的)、< 2° RMS (動的)
加速度計 3軸、±20 / ±40 / ±80 / ±160 m/s2、16 bits
ジャイロスコープ 3軸、± 125 / ± 245 / ± 500 / ± 1000 / ± 2000°√s、16 bits
ジャイロスコープのノイズ密度 0.007 dps/√Hz
静的配向安定性 9 度/時間
地磁気センサー 3軸、± 4 / ± 8 / ± 12 / ± 16 ガウス、16 bits
圧力センサー 300 – 1100 hPa
データ出力フォーマット 生データ / オイラー角 / クォータニオン
データ出力レート 最大 400 Hz
消費電力 < 165 mW @3.3 V
電源 5 V ~ 18 VDC / 5 VDC (USB)
コネクタ DB9 メス / マイクロUSB-B (USB)
ハウジング ABS プラスチックシェル
作動温度 -40 ~ +80 °C
ソフトウェア Windows用 C++ ライブラリ、Lpms制御ソフトウェア、
Windows用 Open Motion Analysis Toolkit (OpenMAT)