CAN / RS232 / TTL / USB接続
9軸慣性測定ユニット
LPMS-AL2

LPMS-CANAL2

LPMS-RS232AL2

LPMS-TTLAL2 LPMS-USBAL2


LP-ResearchモーションセンサーLPMS-AL2シリーズは、CAN、RS232、TTL、USBなどの複数の接続を
備えた9軸防水慣性計測ユニット(IMU)/ AHRSです。特に、LPMS-CANAL2、LPMS-RS232AL2、及び
LPMS-TTLAL2は、防水IP67エンクロージャーで設計されています。この9軸防水IMUシリーズのセンサー
ユニットは非常に用途が広く、正確で高速な方位測定を実行します。3つの別々のMEMSセンサー(3軸
ジャイロスコープ、3軸加速度計、3軸磁力計)の組み合わせにより、3軸すべての周りの低ドリフト、
低遅延の方向データが実現されます。

各センサーユニットには、オンボードですべての計算をリアルタイムで実行できる32ビットのデジタル
シグナルプロセッサが内蔵されています。

センサーのCANバスインターフェースにより、センサーをより大きなCANインフラストラクチャに接続
できます。CANタイプセンサーは、CANopen標準のサブセットとカスタマイズ可能なシーケンシャルCAN
メッセージフォーマットをサポートします。
CANバスを介して送信される測定データの量は、LpmsControlデータ収集ソフトウェアを使用して自由に
構成できます。センサーの転送速度設定に応じて、最大400Hzのデータ速度を実現できます。

センサーのRS232 / TTL / USB通信は、独自のLP-BUSプロトコル、またはプレーンASCII出力形式の
いずれかを使用します。



仕様

LPMS-CANAL2 LPMS-RS232AL2 LPMS-TTLAL2 LPMS-USBAL2
オイラー角の範囲 Roll: ±90°   Pitch: ±180°   Yaw: ±180°
帯域幅 400 Hz
分解能 < 0.01°
精度 < 0. 5° (静的)、< 2° RMS (動的)
最大瞬間衝撃
(0.1 ms)
10,000g
データ出力フォーマット 生データ / オイラー角 / クォータニオン / 直線加速度 / 気圧 / 温度
内部サンプリングレート 400 Hz
通信インターフェイス CANバス RS232 TTL(UART) USB
最大ボーレート 1M bps 921600 bps 921600 bps 921600 bps
通信プロトコル LPCAN / CANOpen LPBUS LPBUS LPBUS
最大データ更新率 400 Hz
加速度計 3軸、±2 / ±4 / ±8 / ±16g、16 bits
ジャイロスコープ 3軸、± 125 / ± 245 / ± 500 / ± 1000 / ± 2000°/s、16 bits
ジャイロスコープのノイズ密度 0.007 dps/√Hz
静的動作安定性 9 度/時間
地磁気センサー 3軸、± 4 / ± 8 / ± 12 / ± 16 ガウス、16 bits
圧力センサー 300 – 1100 hPa
消費電力 < 1825 mW @3.3 V
作動温度 -40 ~ +80 °C
サイズ 50 x 42 x 25 mm (最新バージョン)
48 x 40 x 25 mm (旧バージョン)
40 x 34 x 17 mm
重量 71g (最新バージョン)
48g (旧バージョン)
36g
電源 5V ~ 15V DC 5V DC
コネクタ M12 マイクロUSB
防水レベル IP67 -