自律走行ロボット開発用プラットフォーム
TurtleBot 2


   Turtlebot 2
オープンソースハードウェアのコンセプトにより、汎用技術を効果的に組み合わせ、自律走行ロボットの研究・教育・試作に最適な開発プラットフォームを提供します

■ 3Dセンサ
    ASUS Xtion PRO
■ 移動ベース
    Yujin Robot製 Kobuki
■ インターフェイス/通信
    WiFi、Ethernet、
    USB (ノートブックPCに搭載)
■ プログラミング
    ROS オープンソースソフトウェアツール
 ROS - Robot Operating Systemについて
 ROSは、ロボットアプリケーション開発の為のソフトウェアフレームワークで、
 米国Stanford大学 AILaboratoryにて2007年に開発され、現在Willow Garage
 によってサポートされています。
 ROSは完全なオープンソース(BSD)で、誰もが無料で使用する事ができそのコミュニティは
 世界各国に大きく広がっています。


《TurtleBotを活用した応用事例》
  マルチロボットシステム   移動マニピュレーション   遠隔操作(マスター/スレイブ)

自律制御ロボットの開発

【最初の構成で最大の効果を】
TurtleBotは、自律ロボットアプリケーションの研究・開発のための、低価格で使い勝手の良いプラットフォームです。
システムは、Yujin Robot社のKobuki、ASUS社製モーションセンサ Xtion PRO、小型ノートPC、そしてジャイロセンサで構成されており、各機器が効果的に統合
されています。プラットフォームの構造は、ユーザーの用途に応じて自在にカスタマイズできるように、様々な器具や装置を柔軟に取り付けられるように設計され
ています。

【オープンソース・オープンコミュニティ】
TurtleBotは、Willow Garage社のオープンソース・ロボットオペレーティングシステムROSの標準プラットフォームとしてサポートされています。ROSのコミュニ
ティには数千に及ぶソフトウェアリソースが公開されており、OpenCVやPCLといった強力なコンピュータビジョンライブラリを活用したアプリケーション開発や、
追加ハードウェア用のドライバーの入手、新たな制御アルゴリズムの試験などが可能となります。

ロボット工学の新たな次元へ

【導入後すぐに使える開発環境】
TurtleBotにはROSベースのオープンソースSDKが付属しており、直ちにアプリケーションの開発に着手することができます。TurtleBot SDKには、TurtleBotを駆動・制御するために必要なソフトウェアがすべて含まれており、マッピングやナビゲーションといった高度な機能も提供されています。

カスタマイズとプログラミング支援

TurtleBotの可能性をまさにこれから引き出そうとしているすべてのユーザーに、Clearpath Robotics社と日本バイナリーは惜しまぬサポートを提供します。
例えば、特定の用途に応じたカスタマイズ、さらにプログラミング実習やセミナーの開催といった支援も行っています。お気軽にご相談ください。

TurtleBotシステム構成

サイズおよび重量
  サイズ354 x 354 x 420 mm
  重量6.3 kg
  ホイール直径76 mm
  地面からの
  クリアランス
15 mm
速度とパフォーマンス
  最大積載量5 kg
  最大速度0.65 m/s
  最大回転速度180 °/秒
バッテリーと電源システム
  標準バッテリー2200 mAh リチウムイオンバッテリー
  拡張バッテリー4400 mAh リチウムイオンバッテリー
  電源5V 及び 19V 1A / 12V 1.5A / 12V 5A
センサー
  3Dビジョンセンサ
  (ASUS Xtion PRO LIVE)
カラーカメラ: 640px x 480px, 30 fps深度カメラ: 640px 480px, 30 fps
  エンコーダ25700 cps11.5 ticks/mm
  ジャイロセンサ110 deg/s Factory Calibrated
  補助センサー3xフォワードバンプ、3xクリフ、2xホイールドロップ
コンピューター(ノートブック)
  メモリー4 GB
  画面サイズ11.6 インチ (1366 x 768)
  プロセッサIntel Core i3-4010U
  グラフィックスIntel® HD Graphics
  内蔵HDD500 GB
  WiFi802.11n