Mecademic



MECA500

手のひらサイズ

超コンパクト産業用ロボット


狭い空間を有効活用
限られた作業スペースを最大限効果的に活用できる
超コンパクト設計。
6軸産業用ロボットとしては最少接地面、しかも
コントローラーはアームに内蔵。

0.005mm 超高精度
比類ない高反復精度によって、極めて正確なポジショニング
が求められるタスクや、精密なマニピュレーションを高い
信頼性で自動化。

簡単接続で即運用
シンプルながら強力で柔軟なコネクティビティが既存の
システムや生産ラインへの短時間での組み込みを実現、
導入したらすぐに稼働。



MECA500
The world's smallest six-axis industrial robot arm
   MECA500
Multiple Meca500 Collaboration

サイズ及び動作範囲


完全に伸ばしたときのMeca500ロボットアームの長さは約330 mmです。
Meca500の重量は4.5 kgで、積載重量は0.5 kgです。

積載重量

500 g
本体重量

4.5 kg
アーム長さ
(手首中央まで)

260 mm


コントローラー


Meca500のコントローラーは手のひらサイズのベース部分に埋め込まれています。
かさ張るコントローラキャビネット、ティーチペンダント、面倒なケーブルはありません。
その小さな設置面積で、Meca500は狭い狭いスペースに最適です


外部コントローラ―無し

0 kg
電源電圧

24 V


精度


Meca500は、バックラッシュゼロ減速機と高解像度エンコーダを備え、本体はすべてアルミニウム製で、繰り返し
精度は0.005 mmです。さらに、そのすべての構成部品は精密に機械加工され、精密に組み立てられ、Mecademic社で
検査されているため、Meca500は他に類を見ない位置精度と軌跡精度を誇っています。 その奇跡精度は0.1 mmより
優れています。


繰り返し精度

0.005 mm


オペレーション


Meca500はプラグアンドワーク自動化コンポーネントで、優れた柔軟性とシンプルさを提供します。
トレーニングを受けたり、追加のソフトウェアをインストールしたり、オプションを購入する必要はありません。
付属のイーサネットケーブルを使用して、ロボットをコンピュータまたはPLCに接続し、択したプログラミング
言語(Java、C#、Pythonなど)を使用するだけです。
プログラム内で、Mecademicの独自のコマンドをTCP / IP経由でロボットアームに送信するだけです。
コマンドは、MoveLin(x、y、z、w、p、r)などの一般的なロボット命令です。
同様に、ロボットのコントローラは、さまざまな種類のフィードバックとともに文字列を送り返します。
またEtherCATにも対応しており、EtherCATを使用することで最良の応答時間が保証されます。
ロボットを操作するための直感的なWebインタフェースがロボットのコントローラに内蔵されており、
Webブラウザを介してアクセスできます。



安全性


Meca500には非常停止ボタンとセーフティI/Oインターフェースを備えた外部電源が付属しています。


セーフティモジュール

Cat.3 / PL d


専用小型電動グリッパー MEGP 25




MEGP 25は独シュンク社と共同開発した独自の電動パラレルグリッパーです。
このミニチュアグリッパーは、Meca500 6軸産業用ロボットと完全に統合されており、ロボットアームの制御に
使用される一連のコマンド内で直接制御できます。 この独自の超小型グリッパーを使用すると、指を開閉する
だけでなく、指の速度と力を制御することもできます。


技術仕様


・可搬重量0.5 kg
・反復精度0.005 mm
・最大リーチ(手首中心)260 mm
・重量4.5 kg
・回転動作範囲 - 関節 1-175° ~ +175°
- 関節 2-70° ~ +90°
- 関節 3-135° ~ +70°
- 関節 4-170° ~ +170°
- 関節 5-115° ~ +115°
- 関節 6±100 回転
・回転速度 - 関節 1、2150°/秒
- 関節 3180°/秒
- 関節 4、5300°/秒
- 関節 6500°/秒
・ブレーキ関節 1、2 および 3
・取り付け方向制限なし
・安全モジュールカテゴリー 3、PL d
・電源(入力)90 ~ 264 VAC @50-60Hz
(出力)24 VDC
・通信Ethernet TCP、EtherCAT
・コントローラベース部に内蔵
・保護等級IP40