サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > 医療・ライフサイエンス > 医療画像 > CT画像可視化ソフト > VOLUME EXTRACTOR

VOLUME EXTRACTOR

ボリュームエクストラクター VOLUME EXTRACTOR 3.0
岩手県立大学開発のスライス画像の3D表示で、3D造形モデル作成を可能にし、3D医用画像を身近にするシステムです。




【VEの利用分野 例】



【スライス画像群の3D表示】
スライス画像群を読み込み3D空間上へボリューム画像として表示します。
さらに画像を操作することで様々な表現を可能にします。




「ボリューム化」 & 「ポリゴン編集」
従来の方法では「ボリューム化」と「ポリゴン(等値面)編集」に別々のソフトウェアを必要としていましたが、Volume Extractor 3.0 では、この2つの作業を本ソフトウェアだけで可能にします。

「形状データ出力」
STL、DXFなど形状データフォーマットでの出力が可能です。 出力した形状データは3Dプリンタでの造形用データとして使用できます。




多様な機能と快適な操作

スライス画像群読込
医療用画像として用いられているDICOMフォーマットをはじめ、RAW、BMP、JPEGなど2次元画像フォーマットの入力に対応、またAnalyze7.5などの3次元画像フォーマットの入力にも対応しています。
ボリュームレンタリング
スライス画像群を重ね合わせて、3次元画像として構成・表示します。 輝度毎に「色」と「透明度」を設定することで、輝度値の異なる「骨」/「筋肉」/「血管」/「皮膚」を部位別にカラー表示できます。
3D計測
3次元画像の「長さ」や「角度」、[面積」、[体積」を3方向の画像を確認しながら、マウスによる簡単な操作で計測することができます。
部位抽出(セグメンテーション)
「対話型セグメンテーション」「領域拡張法」「ヒストグラム」により領域を抽出、3次元形状モデルの構成を行うことで、さらなるデータ活用の可能性をひろげます。
等値面生成・編集
3次元画像のデータを元に3次元形状モデルを再構成し、「穴埋め」「面張り」[反転」などの編集を行うことが可能です。 また面の構成エラーをチェックする機能を備えていますので、エラーのない形状モデルを作成できます。
ユーティリティ
DICOM画像管理ツール、3次元画像クリッピング、画像フィルタ、3次元断面表示、ファイル情報表示、輝度分布を示すピクトグラム、WindowW/L設定、画像キャプチャ機能など各種ツールを備えています。



仕様
  必須環境 推奨環境
OS Microsoft(R) Windows(R) XP、Vista、7、8
(*1) Volume Extractorは、32/64bit版OSに対応しています。
CPU Intel(R) Pentium(R) 4 2.8GHz Intel(R) CoreTM2 Duo 以上
※デュアルコアプロセッサ以上推奨
メモリ 1 GB 2 GB
ビデオ
カード
NVIDIA(R) GeForce(R) 5900
/ ATITM RADEONTM 9800 以上
VRAM 64MB 以上
NVIDIA Quadro(R) FX ミドルレンジモデル 以上
VRAM 512MB 以上
モニタ
解像度
XGA(1024 x 768)
32bit カラー
SXGA(1280 x 1024)以上
32bit カラー


ページトップへ戻る