金属・セラミック 3Dプリンティングシステム
Zetamix

Zetamixは、ダイレクトドライブ方式の3Dプリンタを使用します。
この方式は、Zetamix用フィラメント(金属・セラミック)に最適です。
更に、脱脂用の洗浄機と脱脂焼結用チューブ式電気炉があり、必要に応じて不活性環境を作る事が出来ます。


卓上電気炉3Dプリンタ
・チューブ直径 :10㎝・0.1㎜積層ピッチ
・最高温度 :1550℃・交換可能ノズル
・超音波洗浄機 (セラミック用)・造形サイズ :300 x 300 x 300 cm
・20 ~ 80℃ 対応
・容量 :6.5L
・排水弁、サーモカプラ付き


造形・脱脂・焼結

セラミック製造処理と同様に、Zetamixでパーツを作る際、3つの手順で行います。 1つ目は、形作り(ここではプリント)、
脱脂及び焼結です。これら3つのステップが完了したら、プリントされたパーツは、セラミックでは99%、金属90~95%の
純度を実現しました。



1. 造形
Nanoe社のZetamixフィラメントは、多くのFDM方式の3プリンタに対応しています。より良い結果を
得るためには「ダイレクトドライブ」システムを搭載した3Dプリンタ使用する必要があります。
セラミックフィラメントは簡単に造形が出来る様に、バインダーと混合されています。
造形が完了しても、これはまだ完成ではありません。造形後の部品はグリーンの体と呼ばれる状態で、
産業用に使用されるパーツと同様の性能を得るためには、脱脂・焼結の工程が必要となります。
2. 脱脂
脱脂は、グリーン体からバインダーを除去するプロセスです。Zetamixのパーツは、アセトン溶液を
使用して脱脂されます。この作業が完了すると、パーツの容積は縮小します。
3. 焼結
焼結とは、パーツを非常な高温で焼くプロセスになります。パーツを焼結すると、その密度が増して、
最終的な機械的特性を獲得します。このステップの後、パーツはセラミックでは最高99%の密度、
金属では95%の密度となります。最終的に、15~20%の収縮が発生します。
セラミックや金属パーツを焼結する為に、Nanoe社ではチューブ型焼結炉を提供します。
中性ガスで焼結が必要な場合にも対応します。


Zetamixフィラメント

  ・セラミック材料
白ジルコニア
対衝撃性や曲げ強度が強く産業用セラミック材料として多く使用されています。
プリント温度:
焼結温度:
最大密度:
縮小率:
170℃
1400℃(空気)
98-99%
23%
黒ジルコニア
対衝撃性や曲げ強度が強く、表面を研磨することで鏡のような光沢を生み出します。
プリント温度:
焼結温度:
最大密度:
縮小率:
170℃
1300℃(空気)
98-99%
23%
アルミナ
一般的に使用されているセラミック材料です。耐摩耗性、耐熱性に優れます
プリント温度:
焼結温度:
最大密度:
縮小率:
150℃
1550℃(空気)
99%
19.7%



  ・金属材料
H13 工具鋼
幅広いツールで選択されています。
プリント温度:
焼結温度:
最大密度:
縮小率:
170℃
1400℃(アルゴン)
90-91%
16-17%
Inox 316L ステンレス鋼
押し出し成型、射出成型など幅広い分野で使用されている工具用金属です。
プリント温度:
焼結温度:
最大密度:
縮小率:
170℃
1300℃(アルゴン)
90-95%
10%


衝撃・曲げ強度摩耗電気絶縁薬品耐性美術高温耐性熱伝導
白ジルコニア★★★★★★★★★★★★★★
黒ジルコニア★★★★★★★★★★★
アルミナ★★★★★★★★★★★★★★★★★★
316L★★★★★★★★★
H13 工具鋼★★★★★★★★★