LightSPEE3D / WARPSPEE3D

金属粉体を音速の3倍速で噴射・吹付





SPEE3D社は、世界で初めて通常の金属粉体を超速度・噴射・吹付の特殊技術で直接溶解を実現、
3D造形を可能にしました。この超音速3次元積層法(SP3D:Supersonic 3D Deposition)の開発により、
今迄のレーザー方式の最大1000倍の速度で造形を実現、一般工場の製造現場での作業スピードに合う
製造スピードで3D造形行うことがが出来る様になりました。



特長
・高速&低コスト
・音速の3倍速の特殊ノズルで金属粉体を3D造形
・レーザー方式と比較して最大1,000倍の速度で3D造形
・3D制御噴射に6軸のロボットアームを採用 - サポートなしで45°のオーバーハングをプリント可能
・材料はアルミと銅に対応







滅菌銅コーティングでウイルス対策
SPEEE3D ACTIVATED COPPER

COVID-19および感染症の蔓延と戦うための滅菌銅によるコーティング及び3Dプリンティング



造形部品事例



造形作業の流れ

高度に自動化されたSPEE3Dのソフトウェア/ハードウェア技術によって、ユーザーは極めて容易に金属造形物を製作することができます。
付属ソフトウェアTwinSPEE3Dで3Dモデルを開き、積層基板上での位置を決めたら、シミュレーションを実行してデータの有効性と造形結果を確認。
USBメモリで積層ファイルをSPEE3Dプリンターへ読み込み、理解しやすいアイコンボタンのタッチパネル操作で造形開始を実行するだけです。
造形が終了したら、積層基板から造形物を取り外し、必要に応じた熱処理や後加工を加えるだけで、生産や保守の現場でそのまますぐに使用できる
部品が出来上がります。




基本仕様



最大造形サイズ 300 x 300 x 300 mm
小型部品の製作 ~ 研究・開発


《技術仕様》
LIGHTSPEED
《ライトスピード》
・ 完全統合型デザイン
    造形チャンバー、パウダーフィーダー、
    プリントヘッド、制御回路を筐体内に収納
・ タッチスクリーン操作
・ 高速ロボットアーム駆動
・ 超高速造形 ~ 最大 100g/分

 ・ 最大造形サイズ : 300mm x 300㎜ x 300mm
 ・ 最大造形重量 : 4 kg
 ・ 最高積層速度 : 100 g/分
 ・ 対応金属材料 : 純銅、アルミ、ブロンズ
 ・ 積層スポット径 : 6 mm

 ・ 騒    音 : 85 dBA (1m距離)
 ・ 外形寸法 : 3,130(W) x 1,460(D) x 2,325(H) mm
 ・ 装置重量 : 約 1,850 kg
 ・ 供給圧縮空気 : 30 Bar、1.0 m3/分
 ・ 電    源 : 415 V(三相)、32A ソケット





最大造形サイズ φ1,000 x 700 mm
大型部品の製作 ~ 研究・開発


《技術仕様》
WARPSPEED
《ワープスピード》
・ 完全統合型デザイン
    造形チャンバー、プリントヘッド、
    制御回路を筐体内に収納
・ タッチスクリーン操作
・ 高速ロボットアーム駆動
・ 超高速造形 ~ 最大 100g/分

 ・ 最大造形サイズ : φ1,00mm x 700mm
 ・ 最大造形重量 : 40 kg
 ・ 最高積層速度 : 100 g/分
 ・ 対応金属材料 : 純銅、アルミ、ブロンズ
 ・ 積層スポット径 : 6 mm

 ・ 騒    音 : 85 dBA (1m距離)
 ・ 外形寸法 : 3,130(W) x 2,723(D) x 2,742(H) mm
 ・ 装置重量 : 約 4,200 kg
 ・ 供給圧縮空気 : 30 Bar、1.0 m3/分
 ・ 電    源 : 415 V(三相)、32A ソケット


専用ソフトウェア

TwinnSPEE3D

・ ファイル形式 : STL
・ 動作環境 : Windows10
・ 機  能 : 積層基板(サブストレート)設定、部品配置(移動・回転)、造形シミュレーション、造形ファイル生成/USB 保存